サッポログループの公式ショッピングモール

  • ログイン・マイページ
  • 会員登録
PRIDE OF JAPAN’S PILSNER3度注ぎで、ぜひ。
PRIDE1:ドイツ最古の醸造所が認め、その名を譲り受けた「エーデルピルス」“高貴なピルスナー”という名前。
PRIDE2:世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産ファインアロマホップだけを使用した贅沢さ。
PRIDE3:3度注ぎのこだわりでつくるスフレ泡。3度注ぎで、ぜひ。
PRIDE1:ドイツ最古の醸造所が認め、その名を譲り受けた「エーデルピルス」“高貴なピルスナー”という名前。
PRIDE2:世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産ファインアロマホップだけを使用した贅沢さ。
PRIDE3:3度注ぎのこだわりでつくるスフレ泡。3度注ぎで、ぜひ。
PRIDE1:ドイツ最古の醸造所が認め、その名を譲り受けた「エーデルピルス」“高貴なピルスナー”という名前。
PRIDE2:世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産ファインアロマホップだけを使用した贅沢さ。
PRIDE3:3度注ぎのこだわりでつくるスフレ泡。
PRIDE OF JAPAN’S PILSNER 3度注ぎで、ぜひ。
PRIDE1:ドイツ最古の醸造所が認め、その名を譲り受けた「エーデルピルス」“高貴なピルスナー”という名前。
PRIDE2:世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産ファインアロマホップだけを使用した贅沢さ。
PRIDE3:3度注ぎのこだわりでつくるスフレ泡。 エーデルピルスは、ホップ由来の豊かな苦味を味わっていただくことと、こんもりとした見事な泡をつくって飲む本場ドイツやチェコの「3度注ぎ」を推奨しています。
さんど-つぎ【3度注ぎ】ホップ本来の苦味と見事な泡を作り出す、職人のこだわりが込められたビールは、こだわりの技で注がれることで、そのうまさを最大限に発揮します。ちょっとしたコツとともに、ビールを丁寧に注ぐだけ。まず、ビールが泡立つように9割程度まで勢いよく注ぎます。泡が半分くらいに落ち着いたら再度勢いよく注ぎ、泡を盛り上げます。最後にもう一度静かに注ぎ足し、泡を2cmほどこんもりと盛り上げます。これが、ビールの本場・ドイツやチェコで受け継がれてきた「3度注ぎ」。豊かな泡を作り出し、本物のピルスナーを誰よりも美味しく飲んでいただくための、作り手の領域を超えたこだわりです。「3度注ぎ」でふんわりとした「スフレ泡」が出来上がれば、ホップの華やかな香りがさらに引き立ちます。「エーデルピルス」が推奨する注ぎ方。 エーデルピルス究極へのこだわり
えーでるぴるす【エーデルピルス】 醸造家の想いが育んだ高貴な味わい。贅沢な美味しさを楽しむ正統派ピルスナービール。 それは一人のサッポロビール技術社員のこだわりから生まれました。ただただ最高のものを作り上げたい。そんな純粋な想いとともに、大切に作り上げられたピルスナービール。その完成度の高さはドイツ最古のヴァイヘンシュテファン醸造所に認められ、この醸造所が所有する誇り高い称号を冠することになりました。それが日本の正統派ピルスナービール「エーデルピルス」です。通常の3倍ものホップを贅沢に使い、華やかな香りと高貴な苦味を身上とし、注ぎ方にまで込められたこだわり。その一つ一つに、究極を追い求める誇り高い想いが満たされています。 すふれ-あわ【スフレ泡】  上質なホップが生み出す華やかな香りを引き立てる、「エーデルピルス」の誇り高き泡立ち。 ビールの味は、泡で決まる。そう言われるほど、泡はビールにとって大切なもの。飲む人をやさしく迎える、白く、豊かな泡立ちは、ビールならではの芳醇な味わいをもたらし、美味しさを保つためにも役立っています。「エーデルピルス」を丁寧に注ぐと、スフレのような、ふんわりとした泡が出来上がります。グラスから盛り上がった豊かな泡は、「エーデルピルス」でしか味わうことのできない「高貴な苦味」をより一層、楽しませてくれます。 こうき-な-にがみ【高貴な苦味】 ・日本の正統派ピルスナービールとして誕生した、「エーデルピルス」ならではの誇り高き味わい。 一口飲んだ時に広がる、鮮烈で深みのある苦味。「エーデルピルス」がこだわったこの個性的な味わいに、私たちは「高貴な苦味」と名付けました。世界最高峰と言われるチェコ・ザーツ産のファインアロマホップを通常の3倍も使用した、リッチで爽やかな美味しさ。「高貴な」という意味のドイツ語である「edel:エーデル」を冠したピルスナーにふさわしい、まさに誇り高い味わいです。美味しさを引き出す「3度注ぎ」でスフレ泡を丁寧に作り出せば、苦味がさらに味わい深いものになります。

携帯メールご利用の皆様へ

ドメイン指定メール受信可否設定をしている方は、「sapporobeer.jp」からのメールを受取ることが出来ません。
「sapporobeer.jp」からのメールを受取れるように設定してください。