サッポログループの公式ショッピングモール

  • ログイン
  • 会員登録
  安曇野池田ワイン 新ヴィンテージ3品種  
グランポレール最上級レンジ 安曇野池田シリーズ3種 新ヴィンテージ6月25日新発売!
 
 


ワイン用ぶどう栽培に適した土壌・気候を求めて、私たちがたどり着いたぶどう園、
それが安曇野池田ヴィンヤードです。

 
 


長野県はぶどう栽培に適した土壌・気温・降水量・日照条件を備えており、日本を代表する良質なワイン用ぶどう産地です。中でもぶどう畑が集まる4つの地区を「信州ワインバレー」と呼び、『安曇野池田ヴィンヤード』は信州ワインバレーの「日本アルプスバレー」に属します。

※ 信州ワインバレー構想はワイン用ぶどうやワインの生産が盛んな地域をバレーと呼びワイン産地として発展させていく長野県のプロジェクトです。

 
 

良質なぶどうが収穫できるのには理由があります。
 
   
雨が少なく、日照時間が長い、昼夜の温度差が大きいなど、良質なぶどう栽培の条件に加え、下記の2つの条件が整っています。
 
       
   
風向きと風通し  
保水性と水はけ
西は北アルプス、東は中山山地に囲まれ、風向きは南北に偏っています。夏、夕方になると、北アルプスを経由した北寄りの風となって夜温が下がり、高品質なぶどうが育つ条件が整います。午後からは、平坦地から東山への吹き上がりの風も加わり、1年を通じて、風通しが良い環境にあります。   上部にある山林により保水性が高まり、砂壌土~埴壌土で礎が多く、傾斜地であることから水はけが良い。これはこの地が約2500万年前~約200万年前にフォッサマグナの海であったこと、その後、陸地化、隆起した中山山地の崖錐にあることに起因しています。
 
 
 
日本の希少葡萄品種 取り組み
   
課題
・収穫量が少なくなりがち。
   
解決に向けた取り組み
土壌成分コントロール:
収穫量UP!
 

課題
・果実が密着しやすい。
・多湿の日本では病害が多い。
解決に向けた取り組み
・安曇野池田は風通しが良い!
・垣根の方向を工夫し、病害を予防!
 

課題
・多雨の日本では香りが薄くなりがち。
・夜に温度が高いと、酸が不足しやすい。
課題
・安曇野池田は、少雨/水はけ良好!
・酸が不足しないよう、
適切な時期を判断して収穫!
 
2019年6月25日発売 安曇野池田シリーズ 新ヴィンテージ3品種の御紹介
 
    安曇野池田ソーヴィニヨンブラン2017

・味わいのタイプ:白、辛口
・アルコール度数:13%
・セパージュ:ソーヴィニヨン・ブラン100%

ティスティングコメント:
・白桃やツゲの新芽を想わせるアロマと豊かな酸味が感じられるワインです。
・後口に、柑橘の果皮を想わせる苦味が心地よく広がり、引き締まった印象を与えます。

・収穫日:2017年9月12日~14日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
<限定本数:4,368本>
 
 
安曇野池田メルロー2016

・味わいのタイプ:赤、フルボディ
・アルコール度数:13%
・セパージュ:メルロー100%

ティスティングコメント:
・完熟したチェリーやベリーのような果実由来の香りと
上品な樽香との相乗効果で生まれたココアやコーヒーを想わせる香りが感じられます。
・濃厚でありながら、メルローらしい柔らかく緻密なタンニンが特長の日本ワインです。

・収穫日:2016年9月12日~14日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
・新樽比率:40%
・樽熟成期間:16ヶ月
<限定本数:3,044本>
 
安曇野池田シラー2015

・味わいのタイプ:赤、フルボディ
・アルコール度数:13%
・セパージュ:シラー100%

ティスティングコメント:
・シラーの特徴である黒胡椒などのスパイスの香りに加えベリー系の香り、濃厚で凝縮感がありながら、
果実の成熟を感じさせる豊かで甘く滑らかなタンニンをお楽しみいただける日本ワインです。

・収穫日:2015年9月14日、15日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
・新樽比率:30%
・樽熟成期間:15ヶ月
<限定本数:3,368本>
 

安曇野池田ワイン 新ヴィンテージ3品種
グランポレール最上級レンジ
安曇野池田シリーズ3種
新ヴィンテージ6月25日新発売!


 


ワイン用ぶどう栽培に適した土壌・気候を求めて、私たちがたどり着いたぶどう園、
それが安曇野池田ヴィンヤードです。

 
 


長野県はぶどう栽培に適した土壌・気温・降水量・日照条件を備えており、日本を代表する良質なワイン用ぶどう産地です。中でもぶどう畑が集まる4つの地区を「信州ワインバレー」と呼び、『安曇野池田ヴィンヤード』は信州ワインバレーの「日本アルプスバレー」に属します。

※ 信州ワインバレー構想はワイン用ぶどうやワインの生産が盛んな地域をバレーと呼びワイン産地として発展させていく長野県のプロジェクトです。

 
 

良質なぶどうが収穫できるのには理由があります。


雨が少なく、日照時間が長い、昼夜の温度差が大きいなど、良質なぶどう栽培の条件に加え、下記の2つの条件が整っています。


 
  ●風向きと風通し  
  西は北アルプス、東は中山山地に囲まれ、風向きは南北に偏っています。夏、夕方になると、北アルプスを経由した北寄りの風となって夜温が下がり、高品質なぶどうが育つ条件が整います。午後からは、平坦地から東山への吹き上がりの風も加わり、1年を通じて、風通しが良い環境にあります。
 
  ●保水性と水はけ  
  上部にある山林により保水性が高まり、砂壌土~埴壌土で礎が多く、傾斜地であることから水はけが良い。これはこの地が約2500万年前~約200万年前にフォッサマグナの海であったこと、その後、陸地化、隆起した中山山地の崖錐にあることに起因しています。
 
     
 
日本の希少葡萄品種 取り組み
 
   
 
課題
・収穫量が少なくなりがち。
 
 
解決に向けた取り組み
土壌成分コントロール:
収穫量UP!
 
 
課題
・果実が密着しやすい。
・多湿の日本では病害が多い。
 
 
解決に向けた取り組み
・安曇野池田は風通しが良い!
・垣根の方向を工夫し、病害を予防!
 
 
課題
・多雨の日本では香りが薄くなりがち。
・夜に温度が高いと、酸が不足しやすい。
 
 
解決に向けた取り組み
・安曇野池田は、少雨/水はけ良好!
・酸が不足しないよう、
適切な時期を判断して収穫!
 
 
2019年6月25日発売
安曇野池田シリーズ
新ヴィンテージ3品種の御紹介
 
   
 
安曇野池田ソーヴィニヨンブラン2017

・味わいのタイプ:白、辛口
・アルコール度数:13%
・セパージュ:ソーヴィニヨン・ブラン100%

ティスティングコメント:
・白桃やツゲの新芽を想わせるアロマと豊かな酸味が感じられるワインです。
・後口に、柑橘の果皮を想わせる苦味が心地よく広がり、引き締まった印象を与えます。

・収穫日:2017年9月12日~14日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
<限定本数:4,368本>
 
 
安曇野池田メルロー2016

・味わいのタイプ:赤、フルボディ
・アルコール度数:13%
・セパージュ:メルロー100%

ティスティングコメント:
・完熟したチェリーやベリーのような果実由来の香りと
上品な樽香との相乗効果で生まれたココアやコーヒーを想わせる香りが感じられます。
・濃厚でありながら、メルローらしい柔らかく緻密なタンニンが特長の日本ワインです。

・収穫日:2016年9月12日~14日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
・新樽比率:40%
・樽熟成期間:16ヶ月
<限定本数:3,044本>
 
 
安曇野池田シラー2015

・味わいのタイプ:赤、フルボディ
・アルコール度数:13%
・セパージュ:シラー100%

ティスティングコメント:
・シラーの特徴である黒胡椒などのスパイスの香りに加えベリー系の香り、濃厚で凝縮感がありながら、
果実の成熟を感じさせる豊かで甘く滑らかなタンニンをお楽しみいただける日本ワインです。

・収穫日:2015年9月14日、15日
・収穫地:長野県北安曇郡池田町 「安曇野池田ヴィンヤード」
・新樽比率:30%
・樽熟成期間:15ヶ月
<限定本数:3,368本>
 
商品名 一言コメント 販売価格 数量
ギフト
  税込 432円(税抜 400円)  
ギフト
  税込 540円(税抜 500円)  
  税込 0円(税抜 0円)  
安曇野池田 限定
(750ml 辛口)
  税込 4,320円(税抜 4,000円)  
安曇野池田 限定
(750ml フルボディ)
  税込 4,320円(税抜 4,000円)  
安曇野池田 限定
(750ml フルボディ)
  税込 5,400円(税抜 5,000円)